The Thrill Is Gone - B.B.King

2017年05月05日 00:00

ブルースの多くの楽曲は何故かメジャーキーが使われている。でも10曲に1曲くらいの割合で(もしかするとそれ未満かも)マイナーキー、つまりマイナーブルース曲がある。その中で最も有名なのがB.B.KingのThe Thrill Is Goneだろう。

ちなみにワタクシ、B.B.Kingが大好きで彼のアルバムを60枚も持っている。ライブアルバムも多く必ずこの曲が演奏されており、調べてみるとオリジナルのスタジオバージョンを含め22のThe Thrill Is Goneがあった。

ブルースに興味のない方でもまずはオリジナルを聞いて頂きたい。この切なさ!、これぞブルージー!、そんな楽曲だ。



この手のもろマイナー節は日本人は大好きでしょう!。

そんな好きな曲でも・・・。

なんとワタクシ、今の今までB.B.Kingのオリジナルだとばかり思っていたら違うのね・・・。

wikpediaには、、、

"The Thrill Is Gone" is a slow minor-key blues song written by West coast blues musician Roy Hawkins and Rick Darnell in 1951. Hawkins' recording of the song reached number six in the Billboard R&B chart in 1951.

と書かれている。それが多分これだ。



最初、えっ?、これ同じ曲か?、と思うけどじっくり聞くと確かに同じだ。うーん、知らなかったぁ!。

最後に、晩年のB.B.KingのライブからThe Thrill Is Goneを!。




自転車のある風景

2017年05月03日 00:00



自転車のある風景

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM



以前から気になっていた扇形の柵

2017年05月01日 00:00



以前から気になっていた扇形の柵

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


水周りのパイプに良くこういう扇形の柵のようなものが設置されている。以前から気になっていたけど特に調べようともしなかった。

でも先日「扇 パイプ 柵」で画像検索したら見つかった。やっぱりこれを疑問に思った人がいるんだね。歩行防止策との事。こんなとこを人が歩くんか!?。そんな事故が多発したのか?。日本ってどれだけ安全に煩い国なんだって。

以前、神社かお寺の池で子供が落ちて亡くなったかした際、池の所有者が安全管理を怠ったとかで訴えられた、そんなニュースを見た。池の周囲に柵があれば子供は死ななかった、そんな筋書きならしい。

この扇の柵を見てふとそれを思い出した。安全を取るか、景観を取るか・・・。モンスターペアレンツ、クレーマー、その辺の話と重なってくるから難しい問題なのだろう。結果、行政は予防策を張り、こんな馬鹿馬鹿しい柵を設けるのだろう。

ちょっと記憶が曖昧だが、東尋坊、ここの岩場に入れないように柵を設けようか、以前そんな話があったそうだ。ここに柵なんて設けたら一気に景観が崩れ観光客は激減するし、2時間サスペンスのエンディングでも使われなくなる。確か今は誰が見ても危なさそうな箇所だけ柵を設けていた筈。

神社の池の話もそうだが、ありのままを受け入れる、ある程度は「自己責任」、これを再度考えるべきだ。過保護過ぎてもつまらんだけだって。


どれを参考にするべきか?

2017年04月29日 00:00



どれを参考にするべきか?

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


東京から程近い、とあるJRの駅に張られた地図看板。

一見8枚、しかし下段手前の3枚をご覧頂きたい。地図の上に地図が張られている。古くなって用途のない地図があるのならそれを剥がしてから新しい地図に張り替えれば良いのにとも思うが・・・。

これはユニークフォトに認定だ。


剥がれたアート

2017年04月27日 00:00



剥がれたアート

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


元々は男女が描かれた12コマのアート看板だったようだが3コマ失っていた。

Autumn Leaves

2017年04月25日 00:00

4月7日の記事で、「All The Things You Are」と言うスタンダード曲が大好きだと書いた。

それに次いで大好きなのが言わずもがなの「Autumn Leaves」だ。多分ジャズメンから必ず1度は演奏していて、アルバムを出しているプロならば必ずレコーディングする、そんな超有名スタンダード。

その中で最も有名であろうバージョンがキャノンボール・アダレイ(アルトサックス)の「Something' Else」に収録されている楽曲だろう。

名義はキャノンボール・アダレイだが実質マイルス・デイヴィスのリーダーアルバムと言って良い。詳しくはネットで参照して頂くとして、レコード会社の制約、契約の問題があって当時、ブルーノートレーベルからはマイルス名義のアルバムを発売出来ず、キャノンボール・アダレイ名義としたって事だ。



マイルスのミュートされたトランペットが良いのは当然として、ここで注目したいのはキャノンボール・アダレイのサックスソロだ。軽快なサウンドを奏でるアルトサックスからこれでもか!、ってくらい切ないフレーズがバンバンと出てくる。

とにかく飽きないフレーズが満載。そしてマイルスのミュートソロ。音数の多いキャノンボールとは異なり、マイルスは少ない音数でこの曲を吹ききっている。そしてハンク・ジョーンズのピアノソロへと続き、11分と言う大作なのにあっという間にエンディングを迎えてしまう。6回連続で聞いたら1時間もあっという間。

あまりにも有名過ぎて、ジャズマニアに向かって「Something' Elseの枯葉(Autumn Leaves)が大好きだ」と言うと「君はビギナーだね!」と言われる可能性があるが、良いものは良いの!。

マイルスはこの後、ライブでは必ずと言って良い程この曲を演奏しているが、コード進行は枯葉だけで、もはや別の曲として演奏していたりして全く好きになれなかったりする。

せっかくなのでこの曲と比較の意味で、マンハッタン・ジャズ・クインテットのAutumn Leavesをどうぞ!。枯葉と言うタイトルなんだけど都会の夜を連想させるお洒落な曲に仕上がっている。



マンハッタン・ジャズ・クインテットは主にスタンダードを演奏する集団。スタンダード大好きな日本人の為に結成されたクインテット。まぁこれを好きだと言うとまたジャズマニアが物言いを付けそうだが、良いものは良いの!。


路地裏にゃんこ

2017年04月23日 00:00



路地裏にゃんこ

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


前回の猫を正面から!。

この路地には敵がおらず、かつ相当おねむさんだったのだろう。
こっちがバタバタを何をしようが、道の中央にでーんと構えていた。


路地裏にゃんこ

2017年04月21日 00:00



路地裏にゃんこ

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di



廃道桜

2017年04月19日 00:00



廃道桜

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


ここはとある廃集落にある横道。当然廃道になっている。
そこに1本桜。
普段の私なら「こういうところで弁当広げて・・・」
うーん、さすがに虫が一杯いそうで気持ち悪い(笑)。


新緑の酒蔵散歩

2017年04月17日 00:00



新緑の酒蔵散歩

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM