シンディー・ローパーからマイルス・デイヴィス

2017年07月02日 00:00

アラフィフ世代が女性ボーカルで一番ハマったのはこの人ではなかろうか?。

私個人は無茶苦茶ハマったとは言い切れないが、なんだかんだと数枚のアルバムを持っていた。なんて言えば良いのかなぁ、この人、顔が個性的でしょう?。ファンには申し訳ないが、どう見てもブス(笑)。デボラ・ハリーのようなエロさもない。パツキンは綺麗かエロでなくちゃ駄目!、そんな超偏見な人間だったから曲は良いんだけどねぇ・・・、そんな感覚で聞いていた。

さて、シンディ・ローパーで誰もが知っていると言えばこの曲だろう。懐かしいなぁ~。名曲だね。ノリがとっても良い。



そして次に有名だと思うが、Time After Time。この頃、ギンギンのハードロック、ヘヴィメタルギタリストだったからこの手のバラードは苦手中の苦手だったが、横の女の子を乗せたドライブとなると外せない曲だった。



この曲、10年くらい前に突然私の中でフェイバリットソングになる。

それは晩年のマイルス・デイヴィスがこの曲をライブで演奏していたから。何故白人女性ボーカルのこの曲を選んだのか不思議だが、原曲よりも切ないんだ。

下はジョン・スコフィールドがマイルスバンドにいた時代の演奏。だから1984年~85年くらいの映像だと思う。とにかくじっくりと聞いて頂きたい。



ちょっとマニアックになるが、「The Complete Miles Davis At Montreux」と言う20枚組のアルバムがある。これのDisc20、1991年、フランスでの録音かな?、勿論Time After Timeも演奏されている。これを演奏した数ヵ月後にマイルスは亡くなってしまう。切ないフレーズを聞きながら、嗚呼、マイルスはもうこの世にはいないんだなぁと涙してスピーカーに耳を傾けるのである。




コメント

  1. auf | URL | 3eyVfeeo

    マイルスはこの頃「ヒューマン・ネイチュア」とかポップ・チューン
    をよく演奏していたし積極的にポピュラー系のアーティストの録音に
    参加していましたね.

    マイルスは大好きですが個人的な興味があるのは1960~1970.わずか
    十年間なんだけど・・・それ以降のアルバムも結構持っているんだなぁ
    ・・・.

  2. taka | URL | -

    シンディー・ローパーは名前だけ知ってました。(S・イーストンもです)この時代は、仕事が忙しく流行とはかけ離れた生活を送ってました。(いまは暇ですが)マイルス・デイビスのペットは「語り」「独白」のように聞こえる曲がありますね。ちなみにわたしが持っているマイルスのアルバムは「 Seven Steps to Heaven 」一枚だけでした。

  3. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    ジャズの場合、流行歌をそのまま音楽に活かす訳で、こういうポップスソングをマイルスがやってもおかしくないですし、少し前なんて誰が演奏している覚えていませんが、ウルトラマンだかウルトラセブンのテーマでジャズしていたり、ストーンズの名曲だけのジャズアルバムもありますよね。

    マイルスの60~70sと言えば65年辺りからエレクトリック導入で70年代最初はサイケっぽい音楽でしたね。ワイト島ライブのDVDを持っていますが、エレピの攻撃的な音とかまぁたまげます。プレイヤーもリスナーも陶酔出来る凄い音楽ですね。1970年に出しているライブは4枚くらいあるのかな?、全て好きですねぇ。FillmoreとFillmore Eastの2枚は特に好きです。

    マイルスネタは尽きないのでいずれ追々・・・(笑)。

  4. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    音楽って不思議なんですよね。全く聞かない時期があったり、反対に聞きまくる時期があったりと。80年代、特に前半は私が一番音楽にハマっていました。クラシック以外の音楽はなんでも聞いていたって時期でした。

    Seven Steps to Heavenはピアノにハービー・ハンコックが加入した最初の1枚でSeven Steps~は名盤だと思います。可能ならば50年代のベストとも言える「Kind Of Blue」もお聞きになって下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)