Sweet Sixteen - B.B.King

2017年05月15日 00:00

5月5日の記事でB.B.KingのThe Thrill Is Goneを紹介した。The Thrill Is Goneはマイナー進行のブルース、そして今回紹介するSweet Sixteenはメジャー進行のブルースだ。

スローブルースと言えばSweet Sixteen、Sweet Sixteenと言えばスローブルース、スローブルースと言えばB.B.キング・・・。

下は4枚組ベスト盤のThe Vintage Yearsに収録されているカット、多分1960年代後半の録音だと思う。




手持ちのB.B.キングのアルバムをチェックすると、何せ彼のアルバムの半分くらいはライブアルバムなので仰山のSweet Sixteenを見つけられるが、イントロが違ったり、キーが異なっていたりと「これが同じ曲かいな?」と思っちゃったりするバージョンも結構ある。それらを聞き比べたりするのが楽しい。

単純な話として1980年代以降の音源の方が音質が良く耳に優しく、また古い音源でもリマスターされているかされていないってだけで良し悪しが違ってきたりもするのでどのSweet Sixteeon、いつのライブ音源が素晴らしいとは言い切れなかったりする。

ただB.B.Kingの場合、時代によってギターの音がかなり異なり、私個人は晩年のギター音が大好き。




The Thrill Is Goneと今回紹介したSweet Sixteen、この2曲を聴いて「いいなぁ、渋い、味がある!」と思われればブルースにすぐにのめり込める。しかし「古臭い・・・」と感じてしまった方、10年、20年後にもう一度この2曲を聴いて頂きたい。きっと何か感じる筈だ。

そんな私も10代、20代の頃はブルースなんてアメリカのジジィしか聴かない古臭い音楽、そんな認識しかなかった。エリック・クラプトンですら嫌いだった。何しろ我々の世代はあの80sサウンドの時代、如何に都会的でお洒落か!、周囲にはビートの効いたそんなサウンドしかなかった。

それがいつからかなぁ、古臭い音楽が好きになった。今では普段はブルースやジャズしか聴かない。ビックリするよ、演奏している人、ほとんどが天上の人となっている。B.B.キングも2年前に天に召された。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)