The Thrill Is Gone - B.B.King

2017年05月05日 00:00

ブルースの多くの楽曲は何故かメジャーキーが使われている。でも10曲に1曲くらいの割合で(もしかするとそれ未満かも)マイナーキー、つまりマイナーブルース曲がある。その中で最も有名なのがB.B.KingのThe Thrill Is Goneだろう。

ちなみにワタクシ、B.B.Kingが大好きで彼のアルバムを60枚も持っている。ライブアルバムも多く必ずこの曲が演奏されており、調べてみるとオリジナルのスタジオバージョンを含め22のThe Thrill Is Goneがあった。

ブルースに興味のない方でもまずはオリジナルを聞いて頂きたい。この切なさ!、これぞブルージー!、そんな楽曲だ。



この手のもろマイナー節は日本人は大好きでしょう!。

そんな好きな曲でも・・・。

なんとワタクシ、今の今までB.B.Kingのオリジナルだとばかり思っていたら違うのね・・・。

wikpediaには、、、

"The Thrill Is Gone" is a slow minor-key blues song written by West coast blues musician Roy Hawkins and Rick Darnell in 1951. Hawkins' recording of the song reached number six in the Billboard R&B chart in 1951.

と書かれている。それが多分これだ。



最初、えっ?、これ同じ曲か?、と思うけどじっくり聞くと確かに同じだ。うーん、知らなかったぁ!。

最後に、晩年のB.B.KingのライブからThe Thrill Is Goneを!。






コメント

  1. taka | URL | -

    アルバム60枚ですか。わたしは3枚です。この曲はキングさんの十八番といってもいいでしょうね。いつ聴いてもいいですねぇ。が、しかし、わたしの持ってるLP(レコード)には何故か入ってませんです。

  2. auf | URL | 3eyVfeeo

    これを初めて聴いたとき「なんてカッコイイんだ!」と思いましたね.そのときは
    自分のステレオ持っていなかったんですが後日LPを買って聴いたら多の曲は普通
    のモダン・ブルースだったのでなんとなく悄然としてしまいましたが.(笑) 傑
    作ですよね.カヴァーだったとは僕も知らなかったですねぇ.

  3. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    私はループさせて1時間くらいは飽きないですね(笑)。

    60枚と言ってもコレクターではないので図書館(うちの方だと場所によってCD以外にレコードもあるんですよ)やレンタルショップで借りた音源を録音しているのが3分の2くらいあります。どうしてもそれらで見つからないのは新宿の中古ショップで買ったりネットで海外から取り寄せたりでした。

    この曲ばかりを聴き比べする事はないのですが、もし今後この曲入りのアルバムを買われる場合は、オリジナルのスタジオ盤と音質の面で晩年のDVDになっているようなライブ盤が一番良いのではないでしょうか。

  4. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    私がB.B.Kingにのめり込んだのは比較的最近で、この曲も10年くらい前に初めて聞いたんだと思います。私は元々ハードロック人間なのでこの手のマイナーブルースは最初の4小節だけでとろけちゃいますねぇ(笑)。

    他は普通のモダンブルース・・・、基本的にブルースとレゲエとボサノヴァは何を聞いても一緒ですからね(笑)。レゲエは同じリズム感覚なのでBGMに最適で良く聞くのですが、何を聞いてもボブ・マーリーだと思い込んじゃいますし。

    オリジナルがあった!、びっくりでしょう?。ブルースの場合、オリジナルを超えた作品が仰山あり、これもその1つなのでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)