久々に我がギターの腕前でも・・・

2017年08月11日 00:00

腕前でも・・・、とちょっと偉そう?。まぁ自信を持ってベラボーにオイラはギターが上手いなんて到底言えないものの、まぁ普通に聴けるレベルにはあると思う。

今までハードロック系ばかりを掲載していたので今日はブルース、R&B、ファンキーな曲でどうぞ。

※ドラムからフィルインするのでヴォリュームに注意!、またHTML5のAUDIO要素を使っているがChromeだと何か妙な表示に見えるが再生ボタンを押せば聴ける

ブルースアドリブその1


ブルースアドリブその2



上の2つはシカゴブルース風をバックにバディ・ガイとアルバート・コリンズを気取ってアドリブしたもの。ピックは使っておらず、指弾きで、速いパッセージはハンマリングオンとプリングオフ、タッピングで演じている。

次の曲に行く前にまずこいつを聴いて、そして見て頂きたい。以前も紹介したスタッフと言うバンドのFootsと言う曲。最高にご機嫌なR&Bのインスト曲。



このFootsをネタに一人Stuffごっこをした。左スピーカーからはコーネル・デュプリーのパート、右スピーカーからはエリック・ゲイルのギターを真似たフレーズを聴けると思う。結構いけてると思うが如何だろうか?。コードワークは本家よりも派手目だったりする。

Foots - Stuff


そして最後に。

ブルースやR&Bも好きだか、この手のファンキーな曲にジャズから派生したアウトフレーズの速弾きが大好き。なんか気持ち悪いぞ?、そう思って頂けると嬉しい。いや、気持ち悪いだけじゃ駄目か(笑)。

普段はここまでアウトしたフレーズは使わないが、ひたすらアウトフレーズを延々と弾いたらどうなるだろうか?、そんなテスト的な音源。

ファンキーワンコードでひたすらアウトする


これもピックは使っていないのと、ほとんどがレガート、つまりハンマリングオン、プリングオフ、タッピングで構成されている。弦のアタック音が聴こえないと思う。

実は私はピッキングが周囲のハードロック、ヘヴィメタ系の人よりも下手糞で基本的にピッキングはあんまりしない(笑)。一時期、アラン・ホールズワースを師と仰いでいた事があり、左手の力だけで音を出す、そういう奏法に慣れてしまった。

そう言えばそのアランさん、春に亡くなったねぇ、70歳かぁ、まだまだ若いのに・・・。合掌。