TOTO - Hydra

2017年08月01日 00:00

前回の音楽ネタでアメリカのバンドには興味がなかったと書いた。しかしどんなものでも例外がある。それがTOTOとフォリナー。今回はTOTOについて。

きっかけ、多分ギター雑誌で知ったんだと思う。スタジオミュージシャンで結成された超テクニシャンバンド。そりゃぁ興味を持つさ。

最初の買ったアルバムは「Hydra」。このアルバムは1979年発売で、2017年の今も尚、愛聴盤だったりする。

いやぁ、ショックを受けたねぇ。今まで、ブルースを原点としたロックや、様式美と言われるブリティッシュハードロックしか聞いていなかった人間からすると、「なんだ、この洗練された楽曲は!?」・・・。

白人のポップスで洗練されているのは当たり前、でもロックバンドでこんなにもカッチョイイバンドがあったんだ!。ハードロックなのに女の子に興味を持って貰えるバンドと言えるだろう。

また音楽理論も丸で判っていなかったガキンチョをもってしても、「これはギタリストが作曲したのでなく、ピアニストが作曲したものだろう」、構成の複雑さ、これに関心を持った。

だいたい音楽アルバムってのは収録曲の中で2曲くらいは興味のない、1回聞いてはい、おしまいってのが多いが、「Hydra」は違っていた。8曲全てがカッチョイイ。

一番はやはりタイトル曲であるHidraだろう。

※録音状況?、トレブルが強過ぎるのでトレブルを絞ってお聞きになると良いかと



これは1980年来日時のTOTO。この時のライブ、見に行っているのだが、テレビカメラが入っていた記憶が全くない。その代わり、ジェフ・ポーカロのドラムソロが退屈でその間、爆睡していたのは今も尚、はっきりと覚えている(笑)。

そして次が比較的最近のライブでのHydra。



メンバーが3人変わっている。最近のTOTOは知らないのでベーシストとボーカリストが誰か知らないが、ドラムはやっぱりサイモン・フィリップスか?。

いかん、いかん、このアルバムを紹介しようと思うと全8曲、8日間に渡って書きたくなってしまう(笑)。でも涙を呑んでもう1曲だけ。

Hydraが幻想的なハードロック系に対して、超~ポップスも演奏しちゃうのがTOTO。このアルバムでは「99」が収録されている。スタジオバージョンとライブバージョンをどうぞ!。







ライブ映像はこちらも1980年、来日時の映像。調べてみると、この時、東京では数箇所で公演しており、私が行ったと思われるのは中野サンプラザ・・・。


Tokyo Bay at night

2017年08月03日 00:00



Tokyo Bay at night

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di



東京裏路地探索

2017年08月05日 00:00



東京裏路地探索

Pentax K-5, Rioch Rikenon XR50mm F2



両国壁画

2017年08月07日 00:00



領国壁画

Pentax K-5, smc PENTAX-DA17-70mmF4AL



両国壁画2

2017年08月09日 00:00



領国壁画2

Pentax K-5, smc PENTAX-DA17-70mmF4AL



久々に我がギターの腕前でも・・・

2017年08月11日 00:00

腕前でも・・・、とちょっと偉そう?。まぁ自信を持ってベラボーにオイラはギターが上手いなんて到底言えないものの、まぁ普通に聴けるレベルにはあると思う。

今までハードロック系ばかりを掲載していたので今日はブルース、R&B、ファンキーな曲でどうぞ。

※ドラムからフィルインするのでヴォリュームに注意!、またHTML5のAUDIO要素を使っているがChromeだと何か妙な表示に見えるが再生ボタンを押せば聴ける

ブルースアドリブその1


ブルースアドリブその2



上の2つはシカゴブルース風をバックにバディ・ガイとアルバート・コリンズを気取ってアドリブしたもの。ピックは使っておらず、指弾きで、速いパッセージはハンマリングオンとプリングオフ、タッピングで演じている。

次の曲に行く前にまずこいつを聴いて、そして見て頂きたい。以前も紹介したスタッフと言うバンドのFootsと言う曲。最高にご機嫌なR&Bのインスト曲。



このFootsをネタに一人Stuffごっこをした。左スピーカーからはコーネル・デュプリーのパート、右スピーカーからはエリック・ゲイルのギターを真似たフレーズを聴けると思う。結構いけてると思うが如何だろうか?。コードワークは本家よりも派手目だったりする。

Foots - Stuff


そして最後に。

ブルースやR&Bも好きだか、この手のファンキーな曲にジャズから派生したアウトフレーズの速弾きが大好き。なんか気持ち悪いぞ?、そう思って頂けると嬉しい。いや、気持ち悪いだけじゃ駄目か(笑)。

普段はここまでアウトしたフレーズは使わないが、ひたすらアウトフレーズを延々と弾いたらどうなるだろうか?、そんなテスト的な音源。

ファンキーワンコードでひたすらアウトする


これもピックは使っていないのと、ほとんどがレガート、つまりハンマリングオン、プリングオフ、タッピングで構成されている。弦のアタック音が聴こえないと思う。

実は私はピッキングが周囲のハードロック、ヘヴィメタ系の人よりも下手糞で基本的にピッキングはあんまりしない(笑)。一時期、アラン・ホールズワースを師と仰いでいた事があり、左手の力だけで音を出す、そういう奏法に慣れてしまった。

そう言えばそのアランさん、春に亡くなったねぇ、70歳かぁ、まだまだ若いのに・・・。合掌。

Tokyo Snap

2017年08月15日 00:00



Tokyo Snap

Pentax K-5, smc PENTAX-DA17-70mmF4AL



扉のある風景

2017年08月17日 00:00



扉のある風景

Pentax K-5, smc PENTAX-DA17-70mmF4AL



下町交差点

2017年08月19日 00:00



下町交差点

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM



路地にて - つちのこにゃんこ

2017年08月21日 00:00



路地にて - つちのこにゃんこ

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM