シンディー・ローパーからマイルス・デイヴィス

2017年07月02日 00:00

アラフィフ世代が女性ボーカルで一番ハマったのはこの人ではなかろうか?。

私個人は無茶苦茶ハマったとは言い切れないが、なんだかんだと数枚のアルバムを持っていた。なんて言えば良いのかなぁ、この人、顔が個性的でしょう?。ファンには申し訳ないが、どう見てもブス(笑)。デボラ・ハリーのようなエロさもない。パツキンは綺麗かエロでなくちゃ駄目!、そんな超偏見な人間だったから曲は良いんだけどねぇ・・・、そんな感覚で聞いていた。

さて、シンディ・ローパーで誰もが知っていると言えばこの曲だろう。懐かしいなぁ~。名曲だね。ノリがとっても良い。



そして次に有名だと思うが、Time After Time。この頃、ギンギンのハードロック、ヘヴィメタルギタリストだったからこの手のバラードは苦手中の苦手だったが、横の女の子を乗せたドライブとなると外せない曲だった。



この曲、10年くらい前に突然私の中でフェイバリットソングになる。

それは晩年のマイルス・デイヴィスがこの曲をライブで演奏していたから。何故白人女性ボーカルのこの曲を選んだのか不思議だが、原曲よりも切ないんだ。

下はジョン・スコフィールドがマイルスバンドにいた時代の演奏。だから1984年~85年くらいの映像だと思う。とにかくじっくりと聞いて頂きたい。



ちょっとマニアックになるが、「The Complete Miles Davis At Montreux」と言う20枚組のアルバムがある。これのDisc20、1991年、フランスでの録音かな?、勿論Time After Timeも演奏されている。これを演奏した数ヵ月後にマイルスは亡くなってしまう。切ないフレーズを聞きながら、嗚呼、マイルスはもうこの世にはいないんだなぁと涙してスピーカーに耳を傾けるのである。


和の壷

2017年07月04日 00:00



和の壷

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM



裏路地の昭和

2017年07月06日 00:00



裏路地の昭和

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


表通りに面していないお店、それは質屋さん。

幸い?、それとも残念ながらと言うべきか、その質屋にお世話になった事はなく、裏路地でひっそりと営業しているお店の扉の奥はどうなっているのだろうか?、と興味津々。

何かおかしい

2017年07月08日 00:00



何かおかしい

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


良~く見ると、いや良く見なくても何かおかしいでしょう?。駅じゃない!。
鉄道居酒屋なんだとさ。

この半端さが好き

2017年07月10日 00:00



この半端さが好き

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


下町にある中途半端なお洒落感って好き!。

やっぱりこの人っしょ!

2017年07月12日 00:00

7月2日の記事ではシンディ・ローパーを紹介しつつ、最後はマイルス・デイヴィスへと話を繋げた。と言う事はこれからマイルスネタ?・・・。

ではなく、80年代前半に輝いていた女性ボーカリストのトリに相応しい人を紹介したい。

オーストラリア出身のカントリー系歌手、そんなイメージでしかなかった彼女が突如!。私が彼女を知ったのは多分この曲。名曲だ。



でも彼女を有名にしたのはその後のビートのあるポップス路線。エレクトリック・ライト・オーケストラと共演したザナドゥは良かった。



そしてあのヒットソングである!。



ただ、この人、どうも反日のイメージがある。イルカ漁に物を申して日本公演をキャンセルしたのは本当らしいが、その後、全てを否定していて、それ以降もちょくちょく来日しているようだ。ショービジネスの世界は何が本当で何が嘘かなんて我々リスナーは知る事はない。

日本は世界の中で先進国の1つ。しかし欧米からしたら所詮はアジアの小国でしかないのだろう。しかしビジネスを考えると日本を外せない・・・。

今も尚継続して反日姿勢のアーティストには「来るな!」と声を大にして言いたいが、オリビアさんの場合は、あくまでもグレーだからねぇ(笑)。

時に、このphysical、ハードロックファンなら有名なお話、ギターソロはTOTOのスティーブ・ルカサーが担当している。確かに良く聞くと音色、フレーズは若かりし頃のルカサー、ルカサー節満載のギターソロである。

最後、オリビアの曲で結構お気に入りなのがこのバラード。




扉と窓と自転車と

2017年07月14日 00:00



扉と窓と自転車と

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM



干からびたアジサイ

2017年07月16日 00:00



干からびたアジサイ

Pentax K-5, smc PENTAX-DA17-70mmF4AL


これも夏の風物詩・・・。


侵入したくても・・・

2017年07月18日 00:00



侵入したくても・・・

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


夏は廃墟探索は駄目。

廃墟は植物とのコラボレーションによって美を奏でるが、ここまで植物に侵食されていると突入する気が皆無になる・・・。

外国車の墓場

2017年07月20日 00:00



外国車の墓場

Pentax K-5, Tamron_AF70-300mmF4-5.6Di