The 昭和

2017年06月28日 00:00



The 昭和

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


「トタンとリヤカー」、そんなタイトルにしようと思ったが、その手を全てひっくるめてやっぱりキーワードは「昭和」なんだよね。

Door

2017年06月24日 00:00



Door

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM



紫陽花

2017年06月20日 00:00



紫陽花

Pentax K-5, SMC PENTAX-FA 28mmF2.8AL


町に植わっている紫陽花って観賞用の草花だと思うのだが、どーでもいい場所に植わっている事が多いのは何故だろう?。

傘としゃもじ

2017年06月18日 00:00



傘としゃもじ

Pentax K-5, SMC PENTAX-FA 28mmF2.8AL



判りやすい!

2017年06月14日 00:00



判りやすい!

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


東京の人間でなくてもここがどの地域か特定出来るのではなかろうか?。

エアコン業者が大変そうだ

2017年06月12日 00:00



エアコン業者が大変そうだ

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


この高層マンション、昭和40年代に建てられたらしい。
ベランダがない為、エアコンの室外機がとんでもないところに設置されている。

明らかにわざとだよねぇ~

2017年06月08日 00:00



明らかにわざとだよねぇ~

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM



生命力

2017年05月29日 00:00



生命力

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


以前住んでいたマンションの一角にある時、桐の木が生えてきた。植木と植木の間にデーンと出てきたから、業者さんが根元から切っていた。でも翌年、また生えてくるんだ。

その時から「こいつ生命力あるなぁ」と気になっていた桐の木。東京、下町には意外に空き地が多い。そして手入れされていないそこには大概桐の木が生えてくる。お散歩写真中に桐の木を見つけると必ず撮影している。見つけたら絶対に撮る。

面白いとかフォトジェニックだからなんてお話ではない。桐の木に敬意を持っているとでも言おうか?。私にとって桐イコール祖母なんだ。

昔、娘が生まれたら桐の木を植えて大人になって嫁ぐ際にその桐でタンスを作り嫁入り道具にする、そんな風習があった。祖母の桐ダンスが正にそれだったようだ。祖母が亡くなった後に処分したらしいが、最上段の左側の引き出しが常備薬入れだったのを覚えている。


台地の際(キワ)

2017年05月27日 00:00



台地の際(キワ)

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


ここは東京は文京区、白山台地の際にある墓地(寺院)。地方に行くと山全体が墓地になっている風景を良く見掛けるが、東京の真ん中にこうやって高低差を利用した墓地があるのは珍しいと思う。

墓石は西側を向いている。昔からあった寺院だろうから江戸時代なんかはここから富士山が綺麗に見えたんじゃなかろうか?。



裏路地

2017年05月21日 00:00



裏路地

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


表通りから路地へ。そしてさらに道を折れていく・・・、そこが裏路地。

昭和大好きカメラマンは狭い方へ向かう癖があり、行き着くのは裏路地なのだった。