Sweet Sixteen - B.B.King

2017年05月15日 00:00

5月5日の記事でB.B.KingのThe Thrill Is Goneを紹介した。The Thrill Is Goneはマイナー進行のブルース、そして今回紹介するSweet Sixteenはメジャー進行のブルースだ。

スローブルースと言えばSweet Sixteen、Sweet Sixteenと言えばスローブルース、スローブルースと言えばB.B.キング・・・。

下は4枚組ベスト盤のThe Vintage Yearsに収録されているカット、多分1960年代後半の録音だと思う。




手持ちのB.B.キングのアルバムをチェックすると、何せ彼のアルバムの半分くらいはライブアルバムなので仰山のSweet Sixteenを見つけられるが、イントロが違ったり、キーが異なっていたりと「これが同じ曲かいな?」と思っちゃったりするバージョンも結構ある。それらを聞き比べたりするのが楽しい。

単純な話として1980年代以降の音源の方が音質が良く耳に優しく、また古い音源でもリマスターされているかされていないってだけで良し悪しが違ってきたりもするのでどのSweet Sixteeon、いつのライブ音源が素晴らしいとは言い切れなかったりする。

ただB.B.Kingの場合、時代によってギターの音がかなり異なり、私個人は晩年のギター音が大好き。




The Thrill Is Goneと今回紹介したSweet Sixteen、この2曲を聴いて「いいなぁ、渋い、味がある!」と思われればブルースにすぐにのめり込める。しかし「古臭い・・・」と感じてしまった方、10年、20年後にもう一度この2曲を聴いて頂きたい。きっと何か感じる筈だ。

そんな私も10代、20代の頃はブルースなんてアメリカのジジィしか聴かない古臭い音楽、そんな認識しかなかった。エリック・クラプトンですら嫌いだった。何しろ我々の世代はあの80sサウンドの時代、如何に都会的でお洒落か!、周囲にはビートの効いたそんなサウンドしかなかった。

それがいつからかなぁ、古臭い音楽が好きになった。今では普段はブルースやジャズしか聴かない。ビックリするよ、演奏している人、ほとんどが天上の人となっている。B.B.キングも2年前に天に召された。


The Thrill Is Gone - B.B.King

2017年05月05日 00:00

ブルースの多くの楽曲は何故かメジャーキーが使われている。でも10曲に1曲くらいの割合で(もしかするとそれ未満かも)マイナーキー、つまりマイナーブルース曲がある。その中で最も有名なのがB.B.KingのThe Thrill Is Goneだろう。

ちなみにワタクシ、B.B.Kingが大好きで彼のアルバムを60枚も持っている。ライブアルバムも多く必ずこの曲が演奏されており、調べてみるとオリジナルのスタジオバージョンを含め22のThe Thrill Is Goneがあった。

ブルースに興味のない方でもまずはオリジナルを聞いて頂きたい。この切なさ!、これぞブルージー!、そんな楽曲だ。



この手のもろマイナー節は日本人は大好きでしょう!。

そんな好きな曲でも・・・。

なんとワタクシ、今の今までB.B.Kingのオリジナルだとばかり思っていたら違うのね・・・。

wikpediaには、、、

"The Thrill Is Gone" is a slow minor-key blues song written by West coast blues musician Roy Hawkins and Rick Darnell in 1951. Hawkins' recording of the song reached number six in the Billboard R&B chart in 1951.

と書かれている。それが多分これだ。



最初、えっ?、これ同じ曲か?、と思うけどじっくり聞くと確かに同じだ。うーん、知らなかったぁ!。

最後に、晩年のB.B.KingのライブからThe Thrill Is Goneを!。




NCISニューオリンズのテーマソング

2017年04月13日 00:00

この番組を見ていて、ブルース好きの方はすぐに原曲が何かお判りだろう。

ジョン・リー・フッカーの「Boom Boom」だ。

ところがこの人、あっちゃこっちゃで、様々な人との共演でこの曲を録音しているようでどれが最初なのか良く判らない。ブルース大好きでこの曲も以前から知ってはいたが「果て、オリジナルってどれよ?」と問われると答えを出せない。

音質などから考えるとどうも下の動画がオリジナル、一番最初にレコードになったっぽい。




次のようなバージョンもある。YouTubeのページ上にいつ録音されたものか書かれていないが、上の動画よりも後に録音されたものだと感じる。




そして最後に紹介する動画、これがNCISニューオリンズのテーマソングみたいだ。Big Head Todd and the Monstersと言うバンドが演奏している。確かにこれに間違いなさそう。




最新の焼き直しでしかもアメリカの大ヒットドラマの主題歌になるだけあって非常に洗練されている。「ワタクシはストらとキャスターでございます!」、そんな軽快なストラトサウンド。この音は当たり前だがレスポールなどのハムバッカーピックアップ搭載のギターでは決して出せない軽快なサウンド。


ロバート・ジョンソンと言うブルースマンから話は始まり・・・

2016年09月25日 00:00

ブルースに興味が無くても60年代、70年代のロックが好きな人は名前くらいは知っているだろう。クリームの名曲であるCrossloads、これの原曲を作り、歌っていたのがロバート・ジョンソンだ。

クリームのそれは単にブルース進行を利用したハードロックでしかない。それがまたカッコイイのだが・・・。

[ 続きを読む ]

ブラインド・ブレイクと言うブルースマン

2016年09月21日 00:00

ブルースに特化したサイトは仰山あり、音楽的内容以外に歴史、文化としてブルースを捉えたものも多い。「ブルース ルーツ」などで検索を掛ければブルースに全く興味の無い人でもかなりの知識を蓄えられるだろう。

本来、ちゃんとしたネタを書こうとすればそれらのサイトを参考にしながらじっくりと時間を掛けるのだが、何しろ時間がない!。

戦前のブルースについてはどこかのレコード会社、もしくはレーベルがそれ専用のCDを何枚も作っているんだ。1アーティスト1枚で10枚くらい出ていたと思う。

さすがに買うには至らず図書館で何枚か借りて聞いたり、同じく図書館で借りたブルース関連の書籍などで得た知識を記憶を基に、そしてそこに憶測も加えて書いていく。なので間違いや勘違いがあるかも・・・。それを初めにお断りしておく。

[ 続きを読む ]

ブルースを語るには・・・

2013年06月16日 00:00

ブルースの似合う風景

ブルースの似合う風景

Ricoh R6



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります


本日の写真、以前にもほぼ同じ構図で本ブログで紹介したが、今回はレタッチを変更して異なる古さをイメージしてみた。ブルースと言うとこんな農場の風景をどうしても連想してしまう。

さて、ブルース。青江三奈の伊勢崎町ブルースとか美川憲一の柳ヶ瀬ブルースと言ったロマン歌謡?、を思い出しちゃう人もいるだろうが、今日語るのは本場アメリカのブルースである・・・。

[ 続きを読む ]