TOTO - TOTO IV

2017年09月22日 00:00

TOTOのアルバムを紹介する第4弾、そりゃぁ4枚目のアルバム、「TOTO IV」だ。

これを初めて聞いた時はかなりガッカリした。と言うのも1982年、この辺りは一番ハードなロックを愛し、UFOとかオジー・オズボーンとかの楽曲をガンガンに練習していた時期。

だからこのアルバムは私の中ではロックではなくポップスでしかなった。シングルカットされたのは超ポップなRosannaとAfricaでしょう?。ハードロックしているはLovers In The Nightの1曲だけ。「TOTOも軟弱になったのぉ!」と嘆き悲しんでいた訳だ。

ところが大人になってこのアルバムを聞くとまぁなんて素晴らしいのでしょう!。そりゃぁ私の意に反してTOTOのアルバムの中でこれが一番売り上げたがあったのは当然だろう。今ではフェイバリットアルバムの1枚となっている。

それでは幾つかライブ映像でご覧頂きたい。

まずはAfrica。2007年のライブのようだが、ピアノがデビッド・ペイチじゃないぞ?、誰がこの人は!。そしてベーシストのオッサン、ヒッピーですか!、ZZ TOPのメンバーだった人ですか?、そんな風貌。

サポートギタリストのヘヴィメタ君みたいのはたまにTOTOの映像で見掛けるが、この頃のTOTOってオリジナルメンバーってスティーブ・ルカサーとボビー・キンボールだけ?。



続いてRosanna。こちらは1991年の映像。まだスティーブ・ポーカロは生きていた。でもこれまたびっくり。キンボールじゃなくてレイ・パーカー・Jrみたいな人が高音担当のヴォーカルだぞ!?・・・。どうでも良いけどルカサーはこの頃からオデブちゃんになっていったんだなぁ。



最後にノリの良いライト感覚のロックソングを。

しっかし、ルカサーって90年前半までは屈託の無いギター大好きギター少年風情だったのがいつから麻薬のディーラーのように変わっちまったんだい?。横須賀でこんな顔の外人が歩いていたら絶対に逃げるぜ!。




TOTO - Turn Back

2017年09月12日 00:00

TOTOの1stアルバム2ndアルバムと来たのだから当然今回は3rdアルバムを紹介したい。

アルバムタイトルは「Turn Back」。確か発表当初、今までのアルバムよりもロック色を濃くしたとかで話題になったが、何と言うか、全体に小粒と言うか・・・。

ハードロックが大好きな私としてはロック色が強くなったのはウェルカムなのだが、ビートの利いた曲以外が印象に残っていない。今回久し振りに全曲聞いてみたところ、当時と同じような印象を持った。

またその頃の流行と言う訳ではないが、スティーブ・ルカサーの意向なのか、プロデューサーが流行を勘違いしちゃったのか、ギターにガンガンにコーラスが掛かっていてとっても耳障りだったりする。

この頃彼が使っていたギターはEMGのシングルタイプのピックアップ搭載ストラトキャスター。このピックアップは見た目はシングルコイルだが、ストラトの音ではない。線が細いが、ストラト特有の音が一気に減衰するようなタイプでなく、無理にサスティーンが効いているような・・・。かと言って出力は弱いのでハムバッカーな音でもない。

ノイズはほぼないのでギンギンに歪ませてもそれに悩む事はないが、いかんせん音が・・・。私もこのタイプのギターを持っているが、ぶっちゃけ嫌いな音。

楽曲はTOTOらしい清清しいロックサウンドでどれも悪くはない。だから駄作とは言わないが、1st、2ndアルバムよりも質は落ちている気がしてならない。最新の技術でリマスターしてギター音さえなんとかすれば案外良いアルバムに思えるかも・・・。

それでは何曲かYouTubeから・・・。










悪くはないでしょう?。むしろカッコイイ。でも全部の曲を聴くとなんか小粒!、そんな印象が強くなるのは何故だろうか?。


TOTO - TOTO

2017年09月02日 00:00

日本ではTOTOと言うとトイレメーカーである。そのトイレメーカーと同じのバンド、それがTOTO。

ちょうど1ヶ月前、8月1日の記事ではセカンドアルバムを紹介した。とにかくこのアルバムは衝撃的だった。ロックってお洒落なんだ!。当然一気にハマってしまった。すぐに彼らのデビューアルバムを手にした。



アルバム中、一番好きな曲が上のHold The Lineだ。軽快なピアノの3連のリズムからハードなパワーコードのリフで始まる。でもボーカル部分に入ると突然ポップスの顔を覗かせる・・・。

そして本作品で一番ハードな曲が次の動画だ。



はぁ、なんてカッチョイイんでしょうか。ハードと言ってもメタルのようなハードさではなく、あくまでもポップスの範疇内に収めているところがアメリカのバンドっぽいなぁと思う。

この曲、途中のギターソロは割りと簡単にスティーブ・ルカサーっぽく弾ける。主要な音だけしっかりと取っていればあとはアドリブをかましてもルカサーっぽくなる。しかし問題はエンディングのひたすら速弾きで上昇するフレーズだ。

多くは6連符なのだが、後ろのビートに合わせて弾こうと思うと「あれっ?」となってしまう。ルカサーもある程度適当に弾いているんだとは思うが、これを真似るのはまぁ私には無理・・・。どっかから譜面を見つけてもかなり練習しないと駄目だろうなぁ。

そしてポップと言えば・・・。

元々このバンドはボズ・スキャッグスのセッションメンバーが中心になって結成された。だからこ~んなボズ・スキャッグスが歌っても違和感の無い曲も作っている。



セカンドアルバムのHydraもそうがし、このファーストアルバムも全曲紹介したいくらい。これが1978年の作品なんだから凄いよねぇ。


エリック・ゲイル - Island Breezeより

2017年08月23日 00:00

久々に我がギターの腕前でも・・・

上の記事中にアメリカのR&Bバンド、スタッフのFootsを模倣する演奏を披露した。

スタッフは大好きなバンドのひとつで、てっきり過去に薀蓄を垂れまくったと思っていたら4年も前にほんの少し語っていただけ!・・・・。

呪い

うーん・・・。

今回はその亡くなったひとり、エリック・ゲイルについて。

この人のギタースタイルはブルース、R&Bに属しているが、非常に独特であり、この人のニュアンスはこの人しか出せない、オンリーワンじゃないかと思うくらい。

ビートに対してワンテンポ(ほんの僅か)遅れているような、タメのあるフレーズとでも言おうか?。後ノリとでも言おうか、何しろその「間(ま)」が人には真似出来ない、そんなギターを弾く。

柔らかい指の腹やフニャフニャのピックで弾くと良くこういったニュアンスを出せるので、彼はピック弾きだから、しなりやすいピックを弦に対して深く入れて演奏しているいるんじゃないかと勝手に想像している。

そんな演奏スタイル?、だからなのか、ミスピッキングや(左手押弦とピッキングがシンクロしていない)、本当はその音を強く、バチッと弾く予定だったのが、空振りに近いピッキングをして弱い音になっていると思われるフレーズ・・・、普通のミュージシャンがスタジオ録音していたら即録り直し。しかし明らかなミスピッキングでもそれが「味」として出ちゃっているから凄い。

StuffのFootsを弾いてみた


右スピーカーから聴こえるギターがエリック・ゲイルを真似たフレーズ。かなり似たニュアンスを出したつもりであるが、本家を聴いちゃうと、それでもまだまだタメが出来ていない。

さて、本日紹介する動画はスタッフではなく、エリック・ゲイルのソロアルバムから2曲。

実はフュージョンと言うジャンルは苦手。それでもこの「Island Breezed」と言うアルバムは非常に優れている。



途中からサックスが入ってきてもしアルトサックスの音色でエリック・ゲイルを知らなかったら「これってナベサダですか?」って思っちゃう程。南国の香りがプンプン。

そして南国の香りに酔いしれた直後、耳に入ってくるのが次の曲だ。

イントロで「えっ?」と思う。そしてなんとも切ないメロディだろうか。真昼間の青い空、白い雲、エメラルドグリーンの海、そしてトロピカルドリングの甘い香り・・・、そんな世界からニューヨークの夜へひとっ飛び、ニューヨークセレナード、そんな曲だ。


久々に我がギターの腕前でも・・・

2017年08月11日 00:00

腕前でも・・・、とちょっと偉そう?。まぁ自信を持ってベラボーにオイラはギターが上手いなんて到底言えないものの、まぁ普通に聴けるレベルにはあると思う。

今までハードロック系ばかりを掲載していたので今日はブルース、R&B、ファンキーな曲でどうぞ。

※ドラムからフィルインするのでヴォリュームに注意!、またHTML5のAUDIO要素を使っているがChromeだと何か妙な表示に見えるが再生ボタンを押せば聴ける

ブルースアドリブその1


ブルースアドリブその2



上の2つはシカゴブルース風をバックにバディ・ガイとアルバート・コリンズを気取ってアドリブしたもの。ピックは使っておらず、指弾きで、速いパッセージはハンマリングオンとプリングオフ、タッピングで演じている。

次の曲に行く前にまずこいつを聴いて、そして見て頂きたい。以前も紹介したスタッフと言うバンドのFootsと言う曲。最高にご機嫌なR&Bのインスト曲。



このFootsをネタに一人Stuffごっこをした。左スピーカーからはコーネル・デュプリーのパート、右スピーカーからはエリック・ゲイルのギターを真似たフレーズを聴けると思う。結構いけてると思うが如何だろうか?。コードワークは本家よりも派手目だったりする。

Foots - Stuff


そして最後に。

ブルースやR&Bも好きだか、この手のファンキーな曲にジャズから派生したアウトフレーズの速弾きが大好き。なんか気持ち悪いぞ?、そう思って頂けると嬉しい。いや、気持ち悪いだけじゃ駄目か(笑)。

普段はここまでアウトしたフレーズは使わないが、ひたすらアウトフレーズを延々と弾いたらどうなるだろうか?、そんなテスト的な音源。

ファンキーワンコードでひたすらアウトする


これもピックは使っていないのと、ほとんどがレガート、つまりハンマリングオン、プリングオフ、タッピングで構成されている。弦のアタック音が聴こえないと思う。

実は私はピッキングが周囲のハードロック、ヘヴィメタ系の人よりも下手糞で基本的にピッキングはあんまりしない(笑)。一時期、アラン・ホールズワースを師と仰いでいた事があり、左手の力だけで音を出す、そういう奏法に慣れてしまった。

そう言えばそのアランさん、春に亡くなったねぇ、70歳かぁ、まだまだ若いのに・・・。合掌。

TOTO - Hydra

2017年08月01日 00:00

前回の音楽ネタでアメリカのバンドには興味がなかったと書いた。しかしどんなものでも例外がある。それがTOTOとフォリナー。今回はTOTOについて。

きっかけ、多分ギター雑誌で知ったんだと思う。スタジオミュージシャンで結成された超テクニシャンバンド。そりゃぁ興味を持つさ。

最初の買ったアルバムは「Hydra」。このアルバムは1979年発売で、2017年の今も尚、愛聴盤だったりする。

いやぁ、ショックを受けたねぇ。今まで、ブルースを原点としたロックや、様式美と言われるブリティッシュハードロックしか聞いていなかった人間からすると、「なんだ、この洗練された楽曲は!?」・・・。

白人のポップスで洗練されているのは当たり前、でもロックバンドでこんなにもカッチョイイバンドがあったんだ!。ハードロックなのに女の子に興味を持って貰えるバンドと言えるだろう。

また音楽理論も丸で判っていなかったガキンチョをもってしても、「これはギタリストが作曲したのでなく、ピアニストが作曲したものだろう」、構成の複雑さ、これに関心を持った。

だいたい音楽アルバムってのは収録曲の中で2曲くらいは興味のない、1回聞いてはい、おしまいってのが多いが、「Hydra」は違っていた。8曲全てがカッチョイイ。

一番はやはりタイトル曲であるHidraだろう。

※録音状況?、トレブルが強過ぎるのでトレブルを絞ってお聞きになると良いかと



これは1980年来日時のTOTO。この時のライブ、見に行っているのだが、テレビカメラが入っていた記憶が全くない。その代わり、ジェフ・ポーカロのドラムソロが退屈でその間、爆睡していたのは今も尚、はっきりと覚えている(笑)。

そして次が比較的最近のライブでのHydra。



メンバーが3人変わっている。最近のTOTOは知らないのでベーシストとボーカリストが誰か知らないが、ドラムはやっぱりサイモン・フィリップスか?。

いかん、いかん、このアルバムを紹介しようと思うと全8曲、8日間に渡って書きたくなってしまう(笑)。でも涙を呑んでもう1曲だけ。

Hydraが幻想的なハードロック系に対して、超~ポップスも演奏しちゃうのがTOTO。このアルバムでは「99」が収録されている。スタジオバージョンとライブバージョンをどうぞ!。







ライブ映像はこちらも1980年、来日時の映像。調べてみると、この時、東京では数箇所で公演しており、私が行ったと思われるのは中野サンプラザ・・・。


俺のエアロスミス

2017年07月22日 00:00

私のエアロスミスデビューは遅かった。

ロックデビューとエレキギターを弾き始めたが中学1年生、練習用にと買ったMook本がたまたま三大ギタリストであるジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、そしてリッチー・ブラックモアの特集本で、イギリスのギタリスト、バンドからロックの世界に入っていた。

中学の頃はディープ・パープル、レインボー、レッド・ツェッペリンのレコードを買うのに一生懸命だったし、高校に入ってからはバンド仲間の影響でUFO、マイケル・シェンカー、ブラック・サバス、オジー・オズボーン、その辺を聞いたり弾いたりしていた。

だからアメリカのロックバンドってほとんど興味が無かった。知っていたのはチープ・トリックとKISSだけ。でも何故かエアロスミスで買ってしまったアルバムがある。それが「Live Bootleg」だ。

その頃、エアロスミスの中で「Walk This Way」が仲間内で流行っていて、それの入っているアルバム(Toys In The Attic)を仲間から借り、そのお返しにって事でWalk This Wayの入っているライブアルバム、Live Bootlegを手に入れ、貸し借りしていたような記憶がある。

ライブアルバムはベストアルバムと同じ価値があり、それを買ったらもうおしまい。音楽の好みがアメリカンロックよりもヨーロッパを中心としたブリティッシュロックに偏っていたせいもあるが、次にエアロスミスのアルバムを買ったのがLive Bootlegを買ってからおおよそ30年が経過してからだった。

たまたま近所の古本屋さんに名曲、Back In The Saddleが収録されているアルバム「Rocks」の譜面集があったんだ。確か500円くらいだったと思う。おっ!、Back In The Saddle、弾きたいね!。そして譜面集を買ったのだからアルバムも買わなくちゃならない、そんな理由でRocksを手に入れたのだった。

その後、エアロスミスっていいじゃん!、と思って半年くらいの間に買い漁り、現在22枚のアルバムを所持している(頻繁に聞いているのはその中の数枚でしかないのだけど)。

ではエアロスミスの中で一番聞いているだろう、その2曲の映像をどうぞ。








やっぱりこの人っしょ!

2017年07月12日 00:00

7月2日の記事ではシンディ・ローパーを紹介しつつ、最後はマイルス・デイヴィスへと話を繋げた。と言う事はこれからマイルスネタ?・・・。

ではなく、80年代前半に輝いていた女性ボーカリストのトリに相応しい人を紹介したい。

オーストラリア出身のカントリー系歌手、そんなイメージでしかなかった彼女が突如!。私が彼女を知ったのは多分この曲。名曲だ。



でも彼女を有名にしたのはその後のビートのあるポップス路線。エレクトリック・ライト・オーケストラと共演したザナドゥは良かった。



そしてあのヒットソングである!。



ただ、この人、どうも反日のイメージがある。イルカ漁に物を申して日本公演をキャンセルしたのは本当らしいが、その後、全てを否定していて、それ以降もちょくちょく来日しているようだ。ショービジネスの世界は何が本当で何が嘘かなんて我々リスナーは知る事はない。

日本は世界の中で先進国の1つ。しかし欧米からしたら所詮はアジアの小国でしかないのだろう。しかしビジネスを考えると日本を外せない・・・。

今も尚継続して反日姿勢のアーティストには「来るな!」と声を大にして言いたいが、オリビアさんの場合は、あくまでもグレーだからねぇ(笑)。

時に、このphysical、ハードロックファンなら有名なお話、ギターソロはTOTOのスティーブ・ルカサーが担当している。確かに良く聞くと音色、フレーズは若かりし頃のルカサー、ルカサー節満載のギターソロである。

最後、オリビアの曲で結構お気に入りなのがこのバラード。




シンディー・ローパーからマイルス・デイヴィス

2017年07月02日 00:00

アラフィフ世代が女性ボーカルで一番ハマったのはこの人ではなかろうか?。

私個人は無茶苦茶ハマったとは言い切れないが、なんだかんだと数枚のアルバムを持っていた。なんて言えば良いのかなぁ、この人、顔が個性的でしょう?。ファンには申し訳ないが、どう見てもブス(笑)。デボラ・ハリーのようなエロさもない。パツキンは綺麗かエロでなくちゃ駄目!、そんな超偏見な人間だったから曲は良いんだけどねぇ・・・、そんな感覚で聞いていた。

さて、シンディ・ローパーで誰もが知っていると言えばこの曲だろう。懐かしいなぁ~。名曲だね。ノリがとっても良い。



そして次に有名だと思うが、Time After Time。この頃、ギンギンのハードロック、ヘヴィメタルギタリストだったからこの手のバラードは苦手中の苦手だったが、横の女の子を乗せたドライブとなると外せない曲だった。



この曲、10年くらい前に突然私の中でフェイバリットソングになる。

それは晩年のマイルス・デイヴィスがこの曲をライブで演奏していたから。何故白人女性ボーカルのこの曲を選んだのか不思議だが、原曲よりも切ないんだ。

下はジョン・スコフィールドがマイルスバンドにいた時代の演奏。だから1984年~85年くらいの映像だと思う。とにかくじっくりと聞いて頂きたい。



ちょっとマニアックになるが、「The Complete Miles Davis At Montreux」と言う20枚組のアルバムがある。これのDisc20、1991年、フランスでの録音かな?、勿論Time After Timeも演奏されている。これを演奏した数ヵ月後にマイルスは亡くなってしまう。切ないフレーズを聞きながら、嗚呼、マイルスはもうこの世にはいないんだなぁと涙してスピーカーに耳を傾けるのである。


デボラ・ハリーと言えばシェリル・ラッド

2017年06月26日 00:00

6月6日の記事6月16日の記事でブロンディ、デボラ・ハリーを紹介した。

そして今日、何故デボラ・ハリーからシェリル・ラッドへとリレーするのか?。

それはお子ちゃま、思春期時代に感じた外人のパツキンのオネーチャンって綺麗だのぉ~・・・、これが共通点であるが、もうひとつ!。

個人の感想において、デボラ・ハリーの声って日本の声優、小山茉美の声に物凄く似ていると思うんだ。毎回聞いても小山茉美の声を思い出してしまう。

小山茉美と言えばキ~~ンのアラレちゃんで有名だが、少し前まではニュースのナレーションをしていたり、今も尚活躍している大御所。

そしてその小山茉美の若かりし頃、シェリル・ラッドの声を担当していた。シェリリ・ラッドと言えばアラフィフの人達は必ず見ていた海外ドラマ、チャーリーズ・エンジェル!。このドラマの事を語ると007ジェームズ・ボンド程ではないが、話が長くなるので割愛するが、とにかく当時の男の子に外人女優を素晴らしさを教えてくれた番組。

歴代エンジェルの中で一番の綺麗どころは誰が何と言おうがシェリー・ハックであるが、小悪魔的なエロさを持っていたのがダイナマイトボンボンのシェリル・ラッドだ。ホントに好きだったねぇ。毎週ドキドキしながら見ていた。少し前にFOXクラシックで放映していて全シリーズ見たもん。

下がダイナマイトボンボンのシェリル・ラッドが見られるチャーリーズ・エンジェルの一コマ。ストライプの水着がシャリル・ラッド。



チャーリーズ・エンジェルが日本で爆発的ブームがあった頃、シェリル・ラッドが日本のCMに登場した。いやぁ、ショックだったなぁ。我々は小山茉美のシェリル・ラッドしか知らなかった。そしてその声が好きだった。ところが本物のシェリル・ラッドは甲高い小山茉美とは正反対!、ハスキーだったんだ!。



シェリル・ラッドで一番ヒットしたのは下かな。悪い曲じゃない、70年代らしいミディアムテンポのポップス。歌も女優さんの割りに上手い。でも声が小山茉美じゃないんだよ!。