神社にて

2017年03月12日 00:00



神社にて

Pentax K-5, SMC PENTAX 24mmF2.8


神社の裏手だったと思う。

何故こんなところに一方通行の標識が?・・・。


アロエって植物は・・・

2016年11月20日 00:00



アロエって植物は・・・

Pentax K20D, SMC PENTAX 24mmF2.8


最初のアロエブームは子供の頃だった。外傷に効くってんで親が購入したと記憶している。「ヤケドや切り傷にはアロエ」、それが当たり前の時代だった。その割には私自身がアロエを傷口に塗ったり貼ったりした事は無い。観賞用として育てられていた気がしないでもない。

小さな植木鉢に植わっているだけならサボテンっぽさもあり確かに観賞用として優れている。世話も難しくないらしい。ところがこうやって小型の植木鉢から放たれて民家の軒辺りに群生しちゃうと一気に地球外生物的要素が増してくる。

どこから見ても気持ち悪いでしょう?。きっとSF映画などでこれをモチーフとして創造された怪物がいると思う。

自転車のある風景

2016年06月23日 00:00



自転車のある風景

Pentax K20D, SMC PENTAX 24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります






ワンポイント

2016年06月03日 00:00



ワンポイント

Pentax K20D, SMC PENTAX 24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります


何の変哲もない、昭和のアパートなんだけどこうやってレンガが貼り付けてあるだけでちょっぴりお洒落に感じちゃう。



Tokyo Snap

2016年05月22日 00:00



Tokyo Snap

Pentax K20D, SMC PENTAX 24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります






多種なゴミ

2016年04月14日 00:00



多種なゴミ

Pentax K20D, SMC PENTAX 24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります


殺虫剤、充電器、電池、キャラメル空き箱、煙草空き箱、そして喉シュッシュ・・・。





untitled

2016年02月08日 00:00



untitled

Pentax K20D, SMC PENTAX 24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります





※今月はPentax K20D月間と題して、2009年から約3年間愛用したPentax K20Dで撮影した写真を掲載しています。





大正ロマン

2015年01月16日 00:00



大正ロマン

Pentax K-3, SMC PENTAX 24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります





※1年前、Riochから借りたカメラで撮影しています・・・

2013年11月11日 00:00



壁

Pentax K20D, SMC P24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります





untitled

2013年10月05日 00:00



untitled

Pentax K-5, SMC P24mmF2.8



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります


こういう写真こそ、タイトルで撮影者の意図を誘導するのでなく、皆さんに感じて頂きたい。